みんなの助け合い口コミポータルサイト - 口コミ広場

口コミ広場

口コミ掲示板 > 健康 > 整体・マッサージ > お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

注目トピック機能を利用するには、口コミ広場メンバー登録が必要です。
口コミ広場メンバー 新規登録

Dr,ナイスミドル さん

2017/11/25 14:45

立ち上がりや、階段を上り下りした時に、お尻から太ももにかけて、痛みを伴ったシビレや、不快な鈍痛に、悩まされる事があります。
普段でも、同じ場所に、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりする場合には、『坐骨神経痛』の可能性があります。
この症状の場合、特徴として、腰にはハッキリとした痛みが無い事や、しばらく休むと症状がやわらぐ性質があります。


坐骨神経痛を起こす原因は、いろいろありますが、お尻の筋肉の緊張タイプが、90%以上と言われています。
痛みやシビレなどの神経症状を起こすのが、一般的です。


例えば、長時間の車の運転をしていると、アクセルやブレーキの操作を繰り返すうちに、操作側のお尻が硬くなり、痛みを起こします。
また、休日のランニングやハイキングなどで、頑張り過ぎて、起こす事があります。
他にも、妊婦さんのように、お腹が大きくなると、腰から下に負荷がかかったり、筋力が弱まったりするので、この痛みが起きます。


始めは、チョットした違和感程度で、ギックリ腰のように、突然、激痛が走る事がありません。
この為、「そんなにひどい痛みでもない」とか、「歩けないような痛みではない」と感じます。
しかも、湿布薬を貼る程度でも、症状が軽くなったように感じるので、軽く考えがちです。


しかし、お尻の筋肉は、身体を支える為に、座っていても働き続けるので、絶えず緊張や疲労が続いてしまうと、更に悪化します。
お尻から太ももの裏にかけて、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりします。
この為、座りっぱなし、立ちっぱなし、長時間歩き回る、などが多い場合は、お尻の筋肉の疲労にも、注意が必要です。


特に、運動不足や冷えで、下半身の血行が悪化していたり、毎日の生活や仕事でストレスがあったりすると、症状が強まります。
このような時に、長時間の中腰や立ち仕事で、腰やお尻に、強い疲労や緊張が続くと、強い違和感や痛みが起きます。
特定の姿勢をするとピリピリと感じてきたり、椅子に座っていると、お尻の骨の尖った部分が痛んだり、してきます。


お尻の痛みやシビレ感に気づいたら、早いうちに、お尻の緊張を解消させる事が、肝心です。
また、お尻の筋肉だけでなく、太ももの筋肉や腰の筋肉も、硬化しているので、これらの筋肉も、柔軟性を回復させる事も必要です。
更に、筋肉の硬直による血行不良も、シビレを起こす原因になるので、血行を回復させておく事も必要です。


しかし、お尻の筋肉は、自分でストレッチをしても、なかなか解消効果が現れません。
ストレッチや運動のつもりが、逆に、更に負荷を掛けてしまい、痛みが増す事もあります。
このような場合、マッサージ治療が、即効性があり、解消度合が高い治療法です。
筋肉の柔軟性を回復させるだけでなく、血行も改善するので、筋肉の本来の状態に戻して、痛みが早く解消できます。


当院は、マッサージ治療によって、筋肉の緊張緩和や、循環改善によって、疼痛解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、[メール]、または[電話]でも、お受けしています。


(HP) http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/

今の気持ち  ショック

レス・コメント (特定の人へレスするには、各投稿左下の「レス」ボタンを!)

ソーシャルブックマークに登録する:      

医療脱毛ならフェミークリニック

患者さまからの口コミで選ばれ続けて28万症例。開院16年の信頼と実績のフェミークリニック。

 いいね!
0

 注目中
0

 投稿者数
1


Dr,ナイスミドル
さん (1)

参加中のビジターはいません。